仲間と一緒にいるために

ビジネスをする

社長インタビュー企画の第二弾②、現役の大学生を弊社社長の眞鍋による奢りで食事に招待し、更にお酒も加えることで社長の本音を引き出して貰おうという企画です。今回は男性メンバーが代わりましたが、前回と同じく九州大学と福岡大学の学生に協力頂き、全3回分の収録を行いました。その2つめのテーマは「社長のビジネスに対する考え方」。地場に根付く物流企業の社長として、どういった思いでビジネスに取り組んでいるのかが語られています。是非ご覧ください。

眞鍋 和弘

1960年 5月29日生

1985年 6月 ㈱ 博運社 入社

1992年 2月 ㈱ 博運社 取締役就任

2007年 2月 ㈱ 博運社 専務取締役就任

2014年 2月 ㈱ 博運社 代表取締役社長就任

▲企画に協力して頂いた大学生の3名(九州大学、福岡大学より)

仲間と一緒にいることが僕の幸せ

学生:博運社は地場の物流企業の中では規模が大きいと思います。そんな眞鍋社長のビジネスに対する考え方を教えてください。

 

僕の中では「このビジネスに命をかける」っていうと独りよがりというか、”職人的”に感じるんだよね。会社をやるって事はもちろん1人じゃ出来ないから、それを手伝ってくれるスタッフが必要だけど、「ビジネスを実現するためのスタッフ」って考え方をすると、悪く言えばスタッフは道具と一緒の位置付けになってしまうよね。僕はそれが嫌で、どちらかというと「“この人達“と一緒に生きていくためにビジネスをする」っていう考え方を持ってるんだ。でも、やるからにはちゃんとしたビジネスをしないと当然長続きはしない。生活がかかってるから、職業に対するプロ意識は自然と芽生えてくると思うね。

例えば、プロのスポーツ選手や芸能人は 「これがしたい!」っていうことを仕事にしてて、目指すべきところを自分自身で決定できる。でも僕は違うんです。仲間と一緒にいることが僕の幸せで、じゃあ仲間と何をする?って考えた先にあるのがビジネス。前はそんなこと深くは考えてなかったけど、社長になってつくづくそう考えるようになったね。仲間と生きていくためなら何のビジネスでもいいじゃんって。そして、どうせやるんだったら楽しくした方がいいよね。結局僕は「この仕事が好き」というのは未だに見つけきれていない。「仕事」じゃなくて、「仲間と一緒に暮らす」というのが人生のテーマなんだろうね。僕なりの言い方をすれば「ひとりぼっちは嫌」笑

学生:つまり眞鍋社長にとっていは「何をするか」よりも「誰とするか」の方が

   ウェイト的には高いんですね。

 

そうだね。だから、どうせするなら気のあった者同士がいいよね。「一緒にいる」っていうのは色んな意味があって、別にうちの「社員」じゃなくてもいい。うちをステップにして旅立ってくれた人も広い意味で捉えると仲間だよね。

学生:「仲間」というのは別に社員であることにこだわらないんですね。

 

社外に対するベンチャー支援を例で言うと、その「事業」に対する支援というよりも、その「人」に対する支援なんだよね。こいつと一緒に仲間でいたい、と思うと僕は支援したくなる。だから、時々「お前そのビジネスはやめとけ。こっちの方がよくない?」とか平気で言う。笑 それは彼を儲けさせて、僕がお金が欲しいんじゃなくて、彼が失敗することでそいつとの縁を切りたくないからなんだよね。せっかくできた縁だから、どうやったらずっと繋がっていられるかを考えてる。

過去のインタビューを読む

 

会社紹介

社員の声

社長インタビュー

採用情報

> 中核事業

> 滝朋晴

> 多角化への挑戦と理由

> 社内ベンチャー制度

> 仲間と一緒にいるために

 ビジネスをする

> 募集要項

> 新規事業

> 人財開発・人財育成

 への取り組み

> 求める人物像

> 池上耕平

> 採用の流れ

> 宗岡舞

> キャリア

> 福利厚生

> よくある質問

エントリー

Copyright (C) 2017 Hakuunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.